クリアファイルと色鉛筆

クリアファイルはイベントの記念品やノベルティとして使える

各種イベント向けのオリジナルクリアファイル作成のポイント

色見本

多くの人々に企業や学校などが存在感を強くアピールしたいときには、イベントを開催したり出展するという方法があります。そして会場で生徒募集や人材採用に向けた情報発信を行うときには、オリジナルクリアファイルを配るのが一般的です。クリアファイル自体のデザインにもこだわると、一緒に配った資料を来場者に読んでもらえる可能性も高まります。また独自デザインのクリアファイルを専門業者に依頼するときには、最初にウェブサイトで料金体系を調べるべきです。インターネット注文の業者は割安ですが、余裕を持って納期を設定すると更にコストを下げることができます。そしてスピーディーにオリジナルのクリアファイルを作りたいときには、業者のウェブサイトのテンプレートを積極的に活用するべきです。パソコン操作のスキルが高くなくても、テンプレートを使うと独自のデザインも気軽に作れるからです。しかし会社名のロゴや社屋の画像などをデザインに組み込みたいときには、ウェブ入稿サービスを活用する方法もあります。更にプロのデザイナーにイラスト作成やデザインのレイアウトを依頼すると、より一層美しい仕上がりを実現できます。確かにプロに依頼すると料金は高くなりますが、イベント会場で配布したときの注目度はアップします。

低コストで満足感が高いイベント販促品としてクリアファイルがお勧め

商業的なイベントが開催される時には、来場者に宣伝を兼ねた販促品が渡されることがあります。名入りのものを準備すればPRに繋げられ、また記念の品を渡すことでイメージアップが図れます。同様にお店のオープン時や店頭イベント時も販促品を準備しておくと宣伝効果が高まります。そのような機会に準備する販促品は大量に準備することが多いため、低コストでオリジナル制作できるものが望まれます。しかし販促品選びで注意したい点は、もらった人の印象です。低コストにこだわり過ぎたり、インパクトを狙って偏ったものを選んでしまうと、もらって迷惑がられる可能性があります。これでは逆にイメージダウンになってしまいます。また利用価値が低いものは、単なるゴミになってしまうため販促品選定で注意したい点です。低コストで満足感が高い優秀な販促品にあげられるのがクリアファイルです。オリジナルに仕上げるために印刷を利用でき、名入れやキャラクター印刷など制作の方法を選べます。オリジナルクリアファイルは低コストで制作でき、大量に準備すればさらに割安になります。クリアファイルの準備も印刷も、専門業者に依頼できるため手間なく作業を進められます。何よりクリアファイルをお勧めできる点は、配布する対象者を選ばない点とムダにならない品であることです。イベント時の販促品として、オリジナルクリアファイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ノベルティーや記念品として喜ばれるオリジナルクリアファイル

企業のノベルティーや販促品といったものも近年少なくなりました。しかし、せっかくもらう物でも使う機会が少なかったり、持って帰るのにかさばったり、置き場所にこまる物はあまりもらいたくありません。ノベルティーとして使い勝手がよくてかさばらないものといえばクリアファイルです。家庭では、子供たちの宿題のプリントや提出物の整理に、仕事でも書類の分別や持ち運びに欠かせません。クリアファイルはかなりの数があっても困らないものです。近年、卒業や部活動やスポーツの卒団などの記念品として、また誕生日や記念日のちょっとしたプレゼントとしても人気があります。かつては、販促品として企業や商品広告が大きく印刷されたものが多く、使う場所を選ばなければなりませんでした。しかし、現在はさりげないロゴや商品コピーなどを配置して長く使って広告を目にしてもらうのが主流となっています。一方、個人ではここ一番の記念ショットや大好きなペットの写真を入れたオリジナルのクリアファイルを、1枚からスマホ一つでネット上から製作することが可能です。もちろんデザインやイラスト、テンプレートも大量のデータがあるのでそれらを活用できるのも楽しみの一つです。中にはAIを駆使してオリジナルのデザインを作れるものもあります。ぜひ専門業者に依頼してオリジナルクリアファイルを作ってみてください。

Post List