週末は家族で書屋で過ごす

乳児が大きくなるにつれて、学資の為に節約を始めた建物。週末の過ごし方で、生活費のやり方が大きく違うことを連日感じていたので、先ず「取り敢えずモール!!」をやめました。
天気が悪くても問題ないし、乳児も嫌がらないので、ついつい行ってしまう・・・。でもモールに行くと、家事4自分で食生活、お茶・・・なんて言っていると、瞬く間に諭吉氏が逃げてしまいます。そうして必要無いものを買ってしまいます。
そこで、何処に行くとお金を使わず送れるかを考えました。我が家の住む表通りには、全国屈指の書屋があります。子供達は絵本が好きなので、週末家族で書屋に心がけることにしました。。
上のキッズは小学生、図鑑や絵本は好きなのですが自分でユーザーをするのが苦手なでした。
書屋の児童書先端も蔵書が手広く、「ふとおもしろそう。これなら読んで見ようかな~」と、ひとまず最初冊、児童書を借りました。書屋で教科書を借り入れると、償還締め切りがあるため、乳児も立て直すまでに読まないと!と想うようで、家ではまったく読書をしなかった子どもが読書をするようになったのです。
そうすると、いつかも自分で教科書を選びたい!となり、各週書屋に行くようになりました。無駄なお金も使わず、乳児が読書をするようになり、一石二鳥です。
一緒に出向く主人は、ホビーの本などを読んでいますね。蔵書が多いので、各週行っても飽きません。書屋、最高です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です